【盆栽鉢 bonsai】日本鉢・作家鉢 明治を代表する陶工・竹本隼太☆盆栽彩都☆ 竹本青磁釉木瓜式鉢

【盆栽鉢 bonsai】日本鉢・作家鉢 明治を代表する陶工・竹本隼太☆盆栽彩都☆  竹本青磁釉木瓜式鉢

39324円

【盆栽鉢 bonsai】日本鉢・作家鉢 明治を代表する陶工・竹本隼太☆盆栽彩都☆ 竹本青磁釉木瓜式鉢

【盆栽鉢 bonsai】日本鉢・作家鉢 明治を代表する陶工・竹本隼太☆盆栽彩都☆ 竹本青磁釉木瓜式鉢:世界をリードする運動靴およびアパレルの小売業者。 高評価のクリスマスプレゼント,豪華ラッピング無料,【開店記念セール!】【盆栽鉢 bonsai】日本鉢・作家鉢 明治を代表する陶工・竹本隼太☆盆栽彩都☆ 竹本青磁釉木瓜式鉢

Finch

経営や新規事業・商品開発に
役立つ情報を配信するWEBマガジン
Powered by Finch Japan
無料資料
新規事業・商品開発のノウハウ資料

FINCH最新記事

  • イノベーションのジレンマをわかりやすく解説|事例に学ぶ2つの解決策






    サイズ:左右20.2cm奥行15.7cm高7cm

    商品解説
     幕末は武家の旗本の家柄で明治を代表する陶工・竹本隼太の貴重な盆器。竹本が得意とした青磁釉の魅力が堪能できる作品です。特筆すべきはこのサイズ。ミニサイズが大半を占める竹本盆器において小鉢サイズを超えるこのような作品は異例である。しかも洗練された木瓜型は竹本盆器の中でも珍品と言えます。焼成の過程で生じたゆがみがありますが、樹を植栽すると味として見事な調和を見せるでしょう。縁にニュウの直しがあるため、このお値段ですが、この傷がなければ50万円は下らない名品です。その他はわずかなガタと足に凹みがある程度で、使って良し、飾って良しの一枚。

    ※現品限りの商品です。

    作家プロフィール
    陶名:竹本隼大(たけもとはやた) 
    本名:竹本正典。嘉永元年~明治25年(1848~92)
     明治を代表する陶工の一人。父・要斎は代々500石の旗本で奥小姓から外国奉行・外国総奉行などに任じされた能使。明治維新に際し、新政府に使える事を潔しとせず隠棲し、朝顔づくりや盆栽・俳句を趣味とする。
     隼太は若くして奥小姓に出仕。しかし明治維新により失職後、父と共に隠棲。竹本家出入りの庭師の知己で陶磁器に通じた良吉(後の井上良斎)の進めもあり、尾張風古式窯を築き趣味の陶器を焼く。これが竹本焼のはじまりと言われる。後に陶業に乗りだし、良吉を職長として薩摩風彩画陶磁器などを作る。失敗を重ねながら、西洋式製陶法(鋳込成型法や効率的な倒炎窯による焼成法)を取り入れ、明治10年第1回内国勧業博で花紋賞牌受賞。その後も名声高まり、共進会、勧業博覧会、日本美術協会などの審査員を歴任した。
     竹本盆器は鋳込製法による半磁器が多く、蕎麦釉や青磁釉に優品が見られる。明治12年頃には交趾風の鉢や水盤も盛んに焼く、当時は人気を博したと言う。今日に残る竹本鉢はこれ以降のものだろう。漢詩文意匠の正方鉢・六角鉢などは文人的素養と盆栽への愛着なくして成立せず、父・要斎の見識が反映されたものと思われる。高い完成度で小品愛好家に絶大なる人気を誇る。雅風展などの大きな展示会でよく使われており、業者・愛好家から高い評価を受けている何よりの証である。

    ※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。
最先端 業界インタビュー

事例で学ぶシリーズ

最先端・業界インタビュー

ニュースリリース

  • 新規事業の事業計画書サンプル
  • 新規事業を成功させる
    22のステップ
  • 商品開発の成功事例
  • 新規事業の事業拡大成功事例
新規事業・商品開発の
無料資料をダウンロード
こんな記事が読みたい!
FINCHへのリクエスト
経営や事業について相談したい!
FINCHJAPANへ
無料相談

ニュースリリース

人気記事ランキング

ビジネス用語事典

Finch

Powered by Finch Japan
新規事業・商品開発のノウハウ資料

【盆栽鉢 bonsai】日本鉢・作家鉢 明治を代表する陶工・竹本隼太☆盆栽彩都☆ 竹本青磁釉木瓜式鉢

【盆栽鉢 bonsai】日本鉢・作家鉢 明治を代表する陶工・竹本隼太☆盆栽彩都☆ 竹本青磁釉木瓜式鉢:世界をリードする運動靴およびアパレルの小売業者。 高評価のクリスマスプレゼント,豪華ラッピング無料,【開店記念セール!】【盆栽鉢 bonsai】日本鉢・作家鉢 明治を代表する陶工・竹本隼太☆盆栽彩都☆ 竹本青磁釉木瓜式鉢